その名も”太平洋の真珠”!常夏の極上リゾートに行ってきました!(タヒチ①)

2015年6月、私が訪れたのは…透き通るような常夏の島国、タヒチ。

タヒチと聞くと、「水上コテージ!」「ハネムーン!」という声が聞こえそうですが、今回は相手もおらず(涙)、仕事で行ってまいりました。

そう、今回のミッションは「ハネムーンだけじゃない!意外と手軽に楽しめるタヒチの新しい魅力再発見ツアー!」なのです!

よっしゃ、早速タヒチへGO!…って思っても、「タヒチってそもそもどこじゃい!」という方にご説明。

地球上でいうと、ここ。tahiti:map

時差は日本マイナス19時間で、ハワイと同じ時間帯に属します。

現在もフランス領タヒチのため、公用語はフランス語とタヒチ語。ただ世界有数のリゾート地なので、基本的には英語も通じます。(日本語は日本人スタッフがいるホテルはもちろん通じます!)

通貨は「フレンチパシフィックフラン」で、物価は、国内でとれるものは安く、輸入しているもの(電化製品等)はなんと日本の倍近くの値段がします。

シーズンでいうと、一応日本の冬の時期が、タヒチでいう雨季にあたるそうなので、日本からいくときはぜひ春~秋にいくことをオススメします!

さて、説明はほどほどにして、いざ出国。

日本からタヒチへの一番のアクセスは、「エア タヒチ ヌイ」です。

なかなか遠いからお高いんじゃ…と思ったあなた!みてください!

想像よりも、だいぶ安くないですか!?

スクリーンショット 2015-08-11 18.47.23

こうしてみるとわかる通り、実は日本はタヒチ観光にめちゃくちゃ有利な国なのです(*´ω`*)

飛行機に搭乗するともらえるのが、「ティアレ」のお花。Tahiti1-1

タヒチの花で、とても芳しい香りがするお花です。

機内もこんな感じでトロピカル!クッションがかわいいです♡Tahiti1-2

機内食はココナッツをベースにした機内食をいただきました。Tahiti1-3

成田から約11時間。

タヒチ島のパペーテ空港に到着です。

もはや飛行機に乗り慣れてるので11時間は若干物足りないくらいw

タヒチの流れるような音楽がお出迎えしてくれます。Tahiti1-4

タヒチ島は今日は観光ナシ。フェリーに乗って、すぐ隣島のモーレア島に向かうべく、タクシーに乗ってフェリーの港を目指します。Tahiti1-5

※タヒチ島からモーレア島への移動について詳しくは➝http://allabout.co.jp/gm/gc/19577/2/

フェリーの中はこんな感じ。Tahiti1-6

この船に揺られて45分、いよいよモーレア島が近づいてきました!

Tahiti1-8

 

次の記事はコチラ!

ヒルトン モーレア ラグーンリゾート&スパ宿泊レポートその1(タヒチ②)

 

***

今回ご招待いただいたのはタヒチ観光局さんです。

All photo by 詩歩/Shiho

※写真の無断使用・転載を禁じます

にほんブログ村 旅行ブログへ←良かったらクリックしてください✨
おしらせ

★70万いいね!を突破したFacebookページは「こちら
★書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」は「こちら
★書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景 日本編」は「こちら
★書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景 ホテル編」は「こちら

友だち追加

関連記事

Comment





Comment