最新ドローンで富山県・大牧温泉を撮影した映像を公開しました(*゚∀゚)

やっっっとリリース!!!

企画/撮影/編集 すべてBy詩歩、というドローン映像の第2弾がついに公開されました✨

ドローンの世界シェア1位を誇る、業界最大手 「DJI」 さんが今年1月に発売開始した最新ドローン 「MavicAir」 の映像作品をつくる、世界30人のトラベラーの1人にありがたいことに選抜いただきまして、

1月に公開した 地元・浜松市verに続いて、第2弾は富山・大牧温泉を舞台にして撮影を敢行いたしました!

(→使ったドローンについて詳しくはこちらのレビューBlogをご覧ください。)

 

この「大牧温泉」は、

①見てよし、

②行きづらくてなおよし、

③ストーリー性も申し分ない!!!   という、ずっと行きたかった場所。

雪が山につもりつつも晴天!

という、「絶景女」パワーを発揮して最高のタイミングで撮影ができました(*^^*)

 

最新ドローン「DJI MAVIC AIR」を片手に、船でしかアクセスできない「秘境の一軒宿・富山の大牧温泉」を訪ねてきました。

かつてより平家の落人伝説が残る秘境宿として知られていましたが、1930年にダムの建設により、村が湖の底へ消失。

高台に建っていた大牧温泉だけが、ここに取り残されたそうです。

雪化粧で煌めく庄川峡に囲まれたその宿は、来る者を受け入れてくれているような、拒んでいるような。ちょっと不思議な雰囲気を感じました。

With latest drone “DJI MAVIC AIR”, I visited secluded hotel OMAKI ONSEN which can only be accessed by boat in Toyama, Japan.

This secluded hotel can only be accessed by boat which crossing Shokawa-kyo river. When the Komaki Dam was constructed in 1930, the village sank to the bottom of the lake, and only this hotel was left.

The hotel surrounded by shining gorges with snow was so mysterious they looks like welcoming tourist, and not welcoming them too.

※すべて許可を得て撮影しています※I god permissions for shooting

⚠庄川峡周辺は電波障害が起こりやすかったためドローン飛行にはオススメしません

<制作 / Produced by>

「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」プロデューサー 詩歩 / Shiho

<撮影協力  / Special thanks>

株式会社 観光販売システムズ/株式会社 field design/公益社団法人 とやま観光推進機構

<機材 / Equipment>

DJI MAVIC AIR

©詩歩/Shiho

 

◎Youtube(イチバン高画質が良いのでぜひこちらで!)

※画質が悪い場合、画面右下の歯車の画をクリックすると「HD」という高画質verにできます!

◎facebook

◎Twitter

◎Instagram(Instagramの仕様にあわせて無理やり60秒に圧縮したのでおすすめしません)

公開後とても多くの肩に反響・コメント・シェアをいただきました!

頑張って作って、よかった〜〜〜(´;ω;`)♡  

ドローン初心者なので、撮ってから編集して公開するまでに、すごく時間がかかってしまいました(^^;)もう桜も散ってしまったぜ…!

いただいたコメントを一部を掲載させていただきますm(_ _)m  

 もう1本、ドローン映像をつくらないといけないというミッションがあるので(笑)、

また皆さんに感動してもらえるような映像をお届けできるように、頑張ります!  

 

 

詩歩  

 

使ったドローン「MAVIC AIR」について詳しくはコチラ! →「【たぶん最速!】MAVIC AirとMAVIC Proの両方使った感想をまとめました

mavicair04    

おしらせ

☆Facebookページは「こちら
☆Instagramのアカウントは「こちら


★書籍第1弾「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」は「こちら
★書籍第2弾「死ぬまでに行きたい!世界の絶景 日本編」は「こちら
★書籍第3弾「死ぬまでに行きたい!世界の絶景 ホテル編」は「こちら
★書籍第4弾「死ぬまでに行きたい!世界の絶景 体験編」は「こちら
★書籍第5弾「死ぬまでに行きたい!世界の絶景 新日本編」は「こちら

関連記事

Comment





Comment