ホテルの中にパゴダがある!バガン ホテル リバービュー(ミャンマー)①

2015年2月。友人を訪ねて訪れたのはミャンマー。

「資本主義が入ってきて変革期に入ってしまっているから早く行かないと本物のミャンマーが見れなくなっちゃうよ!」と言われ、急遽いいってきました。

その中でも、メインで訪れたのは、古都バガン!1冊目の書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」にも掲載している、バガンのパゴダ(=スライム型をしたミャンマーの寺院群)を見て来ました。2湿度の高い空気が夕日に照らされて幻想的な光景が見られました。

さて、このパゴダは、このバガン地区に数千個あると言われています。世界遺産にはまだ登録されていないものの、「オールドバガン」という一番由緒ある地区は、住むのはNG、新しい建物も建てられないとあって、昔からの風景が保護されています。宿泊場所も、もちろんもともとあった数少ないホテルしかありません。

だがしかし!泊まれないからこそ泊りたい!!!

そこで今回奮発して宿泊したのが「バガン ホテル リバービュー」です。

バガンの空港からホテルの送迎(8ドル)でホテルに向かいます。見えてきました。1

アジアンリゾートの雰囲気が漂ってきます。

2

 

チェックインを済ませ(スタッフの方「何人ですが?」→わたし「ひとりです」→スタッフの方「え、ひとりなの?」→わたし「え?」→スタッフの方「え?」)、部屋に向かいます。

WiFiの通るプールバー!よし、夜はここで仕事をしよう。9

部屋に到着!おおおおお〜ひ、広い!!!3ええ、おひとり様ですけれども。

ベッドルームがこちら!4

ウェルカムフルーツも(*゚∀゚)6

トイレ&バスルームはこちら。5

アメニティも、品質は高くはないものの、きちんと揃っていました。7

さて、早速ホテル内を散策しましょう。が、このホテル、めっちゃ広い。部屋の中に地図があるほどです。8

まずは、このホテルの一番の目玉!ホテル内にあるパゴダを見に行きましょう(*゚∀゚)!

…続きは次回の記事で公開します(*´艸`*)

 

★新刊

このバガンホテルリバービューの宿泊コラムが《P.119》に掲載中!

好評発売中「死ぬまでに行きたい!世界の絶景 ホテル編」

死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 ホテル編

[Amazon]

 

All photo by 詩歩/Shiho

※写真の無断転載・引用は禁じます

「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」詩歩のブログ「Shiho and…」

にほんブログ村 旅行ブログへ←良かったらクリックしてください✨
おしらせ

★70万いいね!を突破したFacebookページは「こちら
★書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」は「こちら
★書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景 日本編」は「こちら
★書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景 ホテル編」は「こちら

友だち追加

関連記事

Comment





Comment