「雲海」がテーマのイタリアン!「雲ディナー」で夕食を|星野リゾートトマム滞在レポート③

☆前のブログはこちら!➝部屋の中にサウナがある!全室スイートルームのリゾナーレ(*゚∀゚)|星野リゾートトマム滞在レポート

さて、「雲ディナー」をいただくためにやってきたのは、タワーの31階にあるレストラン「アル・ケッチァーノ」。tomamu_day1_16

このレストラン、実はシェフがすごい方なんです!

情熱大陸などでも放送された奥田政行シェフによるアル・ケッチァーノ in TOMAMUがこの夏もオープンいたします。 地元の産物を食べ、地域を知り、活性化する「地産地消」を大事にする奥田シェフが北海道の海と大地の恵みに向き合いました。奥田シェフの「奇跡の皿」をご賞味くださいませ。

期待が高まります…!!!

 

さて、今回の「雲コース」は、それぞれ”雲海”がテーマ。味はもちろん、見た目がかわいい料理がたくさん登場しました(๑′ᴗ’๑)tomamu_day1_17

まず前菜は「キャビアと雪室ジャガイモのジェラート」。tomamu_day1_18

ジェラートって普通デザートじゃ…と思いきや、ジャガイモの控えめな甘さとキャビアのしょっぱさが絶妙にマッチ!!!

「フォアグラムース クリームブリュレを添えて」tomamu_day1_19

「THE TOMAMU 雲海の下の平原」tomamu_day1_20

一見どこが雲海!?と思いますよね、わたしも思いました。

よ~く見てください…ブロッコリーにかかっているのが、泡=雲海tomamu_day1_21

泡の下に、隠れきれてない(?)豊かな自然を表しているのだそうです。

「フカヒレと粟(あわ)のスープ」tomamu_day1_22

ぜ、贅沢な食器の使い方…!

「アマダイと水菜のリゾット」tomamu_day1_23

パリッパリに焼かれたアマダイの皮の美味しさと言ったら…!

「オマール海老のロースト 白花豆のピューレソース」tomamu_day1_24

私、実はオマール海老が苦手なのですが、このエビ、詩歩人生で過去最高の美味しさを記録いたしました。

お、おいしい!!!

「フレッシュトマトのフェデリーニ」tomamu_day1_25

「牛フィレビステッカ えのきのコンソメ煮と泡のソース」tomamu_day1_26

皿の左端に乗っているビールのようなものが、泡のソース!ソースにまでこだわりが。

「雲海シャーベット」tomamu_day1_27

「ドルチェ」tomamu_day1_28

カステラ(たしか)の上にふわふわのわたあめが!

このわたあめを、右側にあるお酒(たしか)で溶かしながらいただきました(*゚∀゚)

 

味も満足、見た目も満足、景色も最高!という一石三鳥ディナーで、これでもか!と言うくらいの雲海の洗礼を受け、翌朝の雲海テラスでの雲海ハント(朝3時起床)に向かってお部屋へ向かいます。

雲海でろでろ坊主と一緒に、雲海が出ることを祈りながら…。。(。-_-)zzz

tomamu_day1_13

続いてのブログは明日7:30更新!お楽しみに!

☆続いてのブログはこちら!➝雲海テラスへの挑戦①~初日~|星野リゾートトマム滞在レポート④

にほんブログ村 旅行ブログへ←良かったらクリックしてください✨
おしらせ

★70万いいね!を突破したFacebookページは「こちら
★書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」は「こちら
★書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景 日本編」は「こちら
★書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景 ホテル編」は「こちら

友だち追加

関連記事

Comment





Comment