モーレア島にあるヒルトン モーレア ラグーンリゾート&スパ宿泊レポートその3 サンセット(タヒチ⑥)

前のブログがこちら➝モーレア島で絶景を臨むジャングルアクティビティを体験!②(タヒチ⑤)

 

4WDサファリツアーを終え、クタクタになって帰ってきたところ、ちょうどサンセットの時間。

水上コテージのサンセット、どんなに美しいのだろうか…!

急いで水上に走って向かう地、夕陽がどんどん水平線に近づいてきます。Tahiti1-49

夕陽と反対側も、さっきまで登っていた山々がピンク色に輝いています。Tahiti1-50

そして、真っ赤に燃える夕陽が水上コテージのシルエットの向こう側に…!Tahiti1-51

はぁ~キレイだったなぁ~~~

 

と思いつつも、……あまりに綺麗でコテージ内を走り回りすぎて、ゆっくりするまもなく沈んでしまったという感じでした( ;∀;)笑

次はゆっくりお酒でも飲みながら眺めたいな〜♪ お酒、飲めないけど!w

 

夕食を終え、夜になってふと自分の水上コテージの近くの海を覗きこんでみると…Tahiti1-52

むむ?なんだか大きな魚がさかな…さか…さささ、サメだ!!!!

 

小さいサメが3匹ほど、すいすい泳いでいました!

おそらくレモンシャークという、人間にほぼ攻撃しない、安全な種類のサメ。

こんな浅瀬まで来るとは、聞いてはいたけど驚きだ~~~!

 

さて、水上コテージ内での夜を過ごし、次の日の朝へ。

朝食は海とコテージを見ながらのビュッフェ!Tahiti1-53

う~ん、景色が美味しいとごはんもより美味しくなります。

 

その後、ホテル内を少し散策。

このヒルトン モーレア ラグーンリゾート&スパの宿泊は、大きく分けて2種類。

・水上コテージ

・ガーデンヴィラ

私が宿泊したのが前者の水上コテージです。(詳しいレポートはコチラ!➝ヒルトン モーレア ラグーンリゾート&スパ宿泊レポートその1(タヒチ②)

 

後者は、ガーデニングが趣味というホテルのオーナーさんがデザインされてるおしゃれなガーデンにある部屋です。

こちらも、水上コテージにはない、フレッシュな南国リゾート感が漂います(・ω・)Tahiti1-55

2部屋つなげて宿泊もできるので、大家族やダブルデートにもいいかも?♡Tahiti1-54

さて、先ほど朝食を食べた建物の1Fはビーチにへ続くレストランになっています。

パイナップルをわざわざ持ってきていただき、フォトジェニックな写真を1枚撮らせていただきました。笑Tahiti1-56

どこから見ても、絵の具で塗ったかのような海の青さ!!!

ヒルトン モーレア ラグーンリゾート&スパの日本人スタッフ、Azusaさんとパシャリ☆Tahiti1-57

Azusaさんがいらっしゃる日は、全部日本語で対応していただけるので、英語NGな方も安全です(*゚∀゚) とっても気さくで素敵な方なので、ぜひお話されてみてくださいね☆

 

そんなこんなでホテルを散策しているうちに、ななな、なんと、もうチェックアウトの時間!

そう、今回の旅はホテルに1泊ずつしかできない超弾丸スケジュールなのです…!

 

急いで水上コテージへ戻ってパッキング&チェックアウト。Tahiti1-58

ちなみに、ホテルの部屋に置かれてた、ホテルの総支配人からの置き手紙には「ご結婚記念日おめでとうございます…」と書かれていたのは内緒…Tahiti1-59

この水上コテージにひとりで泊まりました……から!(泣)w

 

Tahiti1-60

寂しがっていると、モーレア島の空港・テマエ空港で、かわいいネコがとことこ駆け寄ってきてくれました…。。Tahiti1-61

さて、次は世界有数のリゾートアイランド「ボラボラ島」へ、出発です!!!

 

続いてのブログをお楽しみに!

 

***

今回ご招待いただいたのはタヒチ観光局さん。

All photo by 詩歩/Shiho

※写真の無断使用・転載を禁じます

にほんブログ村 旅行ブログへ←良かったらクリックしてください✨
おしらせ

★70万いいね!を突破したFacebookページは「こちら
★書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」は「こちら
★書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景 日本編」は「こちら
★書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景 ホテル編」は「こちら

友だち追加

関連記事

Comment





Comment